プレスルーム

岡山のお祭り「うらじゃ」に参加しました

9月も中盤を迎えておりますが、まだまだ蒸し暑い日が続いています。今年の夏は、岡山市で開催された「桃太郎まつり」のうらじゃ踊りに参加してきました。
うらじゃとは、渡来人である温羅(うら)族が、岡山に根付き、文化や技術を伝承した歴史をベースとして、1994年に始まったお祭りです。吉永の友人を通じて「雷神」という連の方々と知り合い、参加することになりました。

「雷神」は、参加3年目の連で、中学生から社会人まで様々な人たちで構成された20人ほどが集まっています。踊りといっても内容はとてもハードなものです。体重が77kg⇒72kgぐらいになり、とてもいいダイエットともいえます(笑。6,7月中は、毎週日曜日に練習に参加し本番に臨みました。

本番は8/4,5。岡山駅周辺は、道路規制がかけられており、100を超える連が練り歩きました。

私たちのメイクは桃太郎の「鬼」をイメージしたとても怖いメイク。街を練り歩くと、子どもたちは私たちの顔を見て泣き出します。歩くだけでたくさんの人たちに注目されるのは、とても気分がいいものです。

しかし、踊りは踊りで相当激しく、何度も吐きそうに…。

本当に、高校時代の野球部以来の熱い夏になりました。踊り手20人とスタッフ6人の連で、この「踊り」という作品を完成させられたことに感動しましたし、岡山にやっと両足をつけられた気がします。

終わった後は、みんな目頭が熱くなりましたが、この感覚は本当に幸せだと感じています。

このような地域のイベントに参加することは、岡山の歴史や文化を思いながら、また1つの新しい歴史と文化を作り上げることにも参加できたように思います。

BGEのような地域事業は、地域の環境事業にとどまらず、歴史や文化に至るまでを作り上げるという意味でも重要な事業であると認識しています。

次のステップへ。
BGEにおいても頑張りたいと思います。

井筒耕平

ページの先頭へ

お問い合わせはこちらから