プレスルーム

「環境と経済の好循環のまちモデル事業」備前市ほか4市町が採択されました!

今回の事業は、これまで備前市内で取り組まれてきた同事業の拡大版にあたります。事業内容は、「晴れの国」にふさわしい太陽光発電の設備導入を行い、また、省エネサービスを、広域参加する市町村に展開し、温暖化防止活動を実施する予定です。

参加市町村は、備前市のほか、岡山市、赤磐市、瀬戸内市、和気町です。

環境省報道発表(10/1)
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=8854

具体的な事業としては、参加広域地域で相互協力を行い温暖化防止の啓発事業を実施するとともに、「晴れの国・おかやま」にふさわしい太陽光発電事業(予定規模:400kW)を実施していきます。また、当協議会は、これまで備前市内で省エネサービス(ESCO)や自然エネルギー導入などの環境エネルギー事業を実施しており、ここで得たノウハウで参加地域における省エネルギー・自然エネルギーの導入を促進し、業務部門の中小事業所における二酸化炭素排出削減をおこなっていきます。

いずれの事業も、全国の方々から集められる市民出資等を活用して、基本的に施設設置者に初期投資の掛からないビジネスモデルを展開していきます。

ページの先頭へ

お問い合わせはこちらから