プレスルーム

CO2削減ポテンシャル診断事業の診断機関として採択されました

平成30年度CO2削減ポテンシャル診断事業の診断機関として採択されました。
弊社は平成25年度から診断機関として登録されており、今年度で6年目を迎えました。

◆CO2削減ポテンシャル診断事業とは?

CO2削減ポテンシャル診断事業とは、一般社団法人低炭素エネルギー技術事業組合(LCEP)が行う環境省の事業「平成30年度CO2排出抑制対策事業費等補助金(CO2削減ポテンシャル診断推進事業)」におけるCO2削減ポテンシャル診断事業のことです。
CO2削減ポテンシャル診断事業を行うために必要な経費が補助金として交付されます。
詳しくはこちら

診断機関は、同事業補助金を受ける工場や事業場等の事業所を対象に、

①設備の電気・燃料等使用量の計測やデータ解析並びに設備の運用状況等の診断を行い、
②CO2排出量、エネルギー消費量削減のために有効と考えられる設備導入や運用改善等の対策を提案するとともに、
③対策に関する費用・効果等に関する情報を明らかにします。

弊社ではCO2削減ポテンシャル診断事業についてのご相談を承っております。
まずはお気軽にご連絡ください。

ページの先頭へ

お問い合わせはこちらから