プレスルーム

【公募情報】省エネルギー設備の導入・運用改善による中小企業等の生産性革命促進事業(2次公募)

経済産業省における平成29年度補正予算省エネルギー設備の導入・運用改善による中小企業等の生産性革命促進事業の2次公募が開始されました。
公募情報(一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)のホームページに移動します)
公募期間:平成30年4月23日(月)~平成30年5月25日(金)17時必着

この事業は、
①省エネルギー性能の高い設備の導入と併せ、
エネルギー使用量等を計測・蓄積する装置(見える化装置)を導入
することで、補助対象設備購入額の1/3が補助される事業です(30万~3,000万円)。
事業実施後はSIIの派遣する専門家による省エネ診断の受診が必須となります。

工事費や誘導灯・階段灯は補助対象外となりますが、空調のみの改修でも比較的採択可能性が高く、事務作業が少ないといったメリットがあります。

②の見える化装置についての要件は、
・設備単位または分岐単位でエネルギー使用量計測を行うこと
・1時間以内間隔で1か月以上のデータ蓄積が可能であること
などが求められています。

また、設備導入後1年間データを取得し、省エネルギー量を算出したうえで、成果報告を行う必要があります。
30分~1時間間隔で複数点に渡り計測し取得したデータから、対象設備以外のエネルギー使用量を差し引きし、さらに1年間分のデータとして検証するには知識と大変な労力が必要となります。

見える化装置(計測機)「BEEMS」

弊社では、独自開発計測システム「BEEMS」により、計測機の提供・設置からデータ加工までを行い、この事業の支援を行います!
BEEMSは本事業においてSIIが求める計測装置の要件を満たしており、安価で着脱容易な計測機です。

BEEMSは環境省の「エネルギー起源CO2排出削減技術評価検証事業調査」において約2,000点におよぶ計測データを管理するために開発されました。
エネルギー使用量のリアルタイム確認や、欠損お知らせアラートにより確実な省エネルギーを支援します。

【BEEMS参考価格】
計測点数:動力(三相三線)10点(分電盤1か所に必要な計測点数の目安です)
提供データ:10分単位以上。実績報告に使用可能なデータに加工してお渡しします。
計測機器費用、設置工事費、データ加工費 一式 90万円~(税抜)

※交通費は別途必要です。
※計測点数、分電盤の個数、現地の状況等により費用が変わります。

ご相談、お見積り受付中です。まずはお気軽にご相談ください!

計測システムBEEMS

ページの先頭へ

お問い合わせはこちらから