プレスルーム

【公募情報】設備の高効率化改修支援事業

環境省における平成30年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(設備の高効率化改修支援事業)の公募が開始されました。
公募情報(一般社団法人温室効果ガス審査協会のページへ移動します)
公募期間:平成30年4月27日(金)から平成30月6月14日(木)15時必着

【①設備の高効率化改修による省CO2促進事業】

地方公共団体・民生部門で使用されている設備の部品・部材のうち、1)交換・2)追加により大幅なエネルギー効率の改善とCO2の削減に直結するものに対して、部品交換・追加等に必要な経費の一部が支援されます。

1)当該設備のエネルギー効率と密接な関係のある部品・部材のうち、経年劣化等により効率低下の原因となっているものの交換を行い、当該設備のエネルギー効率を、導入当初と同等以上まで改善する事業。

2)改修を行う設備若しくは当該設備と連結された蒸気配管等に部品・部材を付加することで、当該設備の運転時の負荷を軽減し、当該設備のエネルギー効率を初期の状態以上に改善する事業。

対象者:地方公共団体・民間事業者等
対象施設:業務用施設、プール、ホテルなど(工場以外の施設)
補助率:政令指定都市未満の市町村(2/3)
    都道府県、政令指定都市及び特別区(1/2)
    資本金1,000万円未満の民間企業(2/3)
    資本金1,000万円以上の民間企業(1/2)
補助対象経費:工事費、設備費等(撤去、移設費は対象外)    
対象設備:エネルギー効率と密接な関係のある部品・部材

例えば給湯設備では下図のとおり、循環加温ヒートポンプの追加、ポンプ、熱交換器の交換が対象となります。

財政上などの理由から機器全体の更新は困難といった事業者でも、エネルギー効率に寄与する部品・部材の交換・追加に対し補助を受けられ、低コストでCO2排出量を削減することができます。
ただし、照明設備やBEMS、人感センサーなどは補助対象外となります。

【② PCB使用照明器具のLED化によるCO2削減推進事業】

・公募締切:年度末まで受付(ただしH31年2月28日までに事業完了できること)
・対象事業者:民間のみ対象(公共は対象外)
・対象施設:業務用施設、工場等(ただし昭和52年3月以前に建設・改修がおこなわれている施設のみ)
・補助率:PCB使用照明器具の有無の調査 1/10(上限50万円)
     PCB使用照明のLED化 1/2 
・補助対象経費:調査費、工事費、設備費等(撤去、移設費は対象外)  

※近畿地方の高濃度PCBの処分期限は平成33年3月31までです。お急ぎを!
なお九州、中四国地方の高濃度PCBの処分期限はH30年3月31日まで。残っているかもしれない場合はご相談ください。

詳しくは上記公募情報より公募要領をご確認ください。

ページの先頭へ

お問い合わせはこちらから