プレスルーム

【公募情報】平成30年度エネルギー使用合理化等事業者支援事業

経済産業省における平成30年度エネルギー使用合理化等事業者支援事業の公募が開始されました。
公募情報(一般社団法人環境共創イニシアチブのぺージに移動します)
公募期間:5月28日(月)~7月3日(火)17:00必着

本事業について

本事業は、Ⅰ.工場・事業場単位、Ⅱ.設備単位 いずれかで省エネルギー設備導入を行う事業です。

Ⅰ.工場・事業場単位
要件に応じ補助対象経費(設計費、設備費、工事費)の1/4~1/3が補助される事業です。
さらにエネマネ事業者と「エネルギー管理支援サービス」を契約し、SIIに登録されたEMSを導入することで、要件に応じ補助対象経費が1/3~1/2にアップします。(上限額15億円/年度)
※要件について詳しくは公募要領をご確認ください。

補助上限額が大きく、中小企業に有利な事業となっていますが、その分競争率は高くなっています。
費用対効果を上げるため照明改修が不可欠となります。
また書類量が多く、省エネ目標達成義務を有する場合もあります。
エネマネ契約をする場合は設備改修費用とは別にエネマネ費用がかかるため小規模な省エネ事業ではメリットが出ませんが、建物や事業所全体での省エネを検討している事業者には、メリットが高い補助事業となります。

Ⅱ.設備単位
SIIの定めた基準を満たす設備の更新費用のみを補助対象経費とし、補助率は1/3(上限3,000万円)としています。
事務作業が少なく空調のみでも採択率が高くなっていますが、照明について単独の非常灯・誘導灯は補助対象外となります。

エネマネ事業者について

弊社は平成30年度エネマネ事業者に登録されました。
低コストで着脱容易な独自開発EMS「BEEMS」を用い、本事業を支援します。
エネマネ事業についてはこちら

ご相談受付中です。お気軽にご連絡ください。

ページの先頭へ

お問い合わせはこちらから