カーボンマネジメント

Scope of Business事業内容

日本政府の地球温暖化対策計画において、2030年度CO2削減量25%減 業務部門では40%減を目標として掲げました。

地球温暖化対策計画(平成28年5月13日閣議決定) [PDF 1.8 MB]

公共団体や事業者は、2030年度に向けて、上記目標に沿った温暖化対策計画を作ることを求められています。

一方で2030年度の長期にわたる温暖化対策計画を作ることは、専門知識がないと難しいものになります。

また、多数施設を所有する事業者や公共団体では、施設の新設や統廃合がその間に発生する可能性が高いため、柔軟に修正が可能な計画を立てる必要があります。

弊社では、省エネ事業を行っているノウハウを生かした省エネ診断やESCO事業の検討、計測事業やコミッショニング事業を通した省エネ能力を引き出すための仕様作成、事業者全体、施設毎のCO2排出削減計画の作成、長期にわたるCO2削減目標を確実に達成するためのPDCAツールの提供を行っています。

PDCAツールは、多数施設を所有される事業者や公共団体が、施設毎及び全体のCO2排出量を容易に確認でき、また、削減計画の修正を柔軟に行うことができ、また情報セキュリティが高い事業者や公共団体がでも利用することができるツールになります。

 

メリット

光熱水費
環境
専門知識
状況把握・データ分析

Result実績

和気町カーボン・マネジメント強化事業

【概要】
日本の約束草案(平成27年7月地球温暖化対策推進本部決定)において、地方公共団体の公共施設を含む「業務その他部門」については、2030年度の温室効果ガス排出削減目標は2013年度比で約40%減となっています。これを受け、和気町地球温暖化対策実行計画(事務事業編)の削減目標の見直し、推進強化を図りました。
また、和気町のエネルギー多消費施設において、有効な省エネ設備の導入を図るため、事前調査(省エネルギー診断)を実施しました。

【目次】
■現状把握調査結果報告書
1.はじめに
2.意識調査
3.温室効果ガス排出量調査
4.エネルギー使用量調査
5.旧事務事業編の評価と課題

■和気町地球温暖化対策実行計画(事務事業編)素案
1.実行計画策定の背景
2.基本的事項
3.これまでの取組状況と温室効果ガス排出状況
4.温室効果ガス排出量削減目標と基本方針
5.計画の進行管理と点検結果の公表

■省エネルギー調査結果報告書
1.和気鵜飼谷温泉
2.和気浄化センター
3.学び間『サエスタ』
4.和気町体育館

事業年度:2016年度

エリア:岡山県和気郡和気町

契約先:和気町

津山市カーボン・マネジメント強化事業支援業務

【概要】
津山市地球温暖化対策実行計画(事務事業編)を日本の約束草案(平成 27 年 7 月 17 日地球温暖化対策推進本部決定)の目標と比べて遜色ないものとすべく、事務事業編の素案作成、および市所有施設の省エネ可能性調査を行いました。

【目次】
■津山市カーボン・マネジメント強化事業支援業務報告書
1.業務概要
2. 2030年度の CO2 排出量 BAU 値、削減必要量の把握、及び削減案検討
3.長期 CO2 削減計画の調査及び素案作成
4.公共施設の省エネルギー可能性調査
5.カーボン・マネジメント体制の提案と事務事業編の改定支援

■津山市長期 CO2 削減計画(案)
1.計画の背景
2.基本的事項
3.CO2排出量の将来推計と取組必要量
4.基本方針
5.本計画のまとめ

■津山市地球温暖化対策実行計画【事務事業編】改定版(案)
1.基本的事項
2.実行計画策定の背景
3.温室効果ガス排出状況
4.温室効果ガス排出量削減目標と基本方針
5.計画の進行管理と点検結果の公表

事業年度:2016年度

エリア:岡山県津山市

契約先:津山市

ページの先頭へ

お問い合わせはこちらから