ZEBプランナー

Scope of Business事業内容

ZEBプランナーとは、ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)実証事業の趣旨ならびに、「ZEBロードマップ」の意義に基づき、「ZEB設計ガイドライン」や自社が有する「ZEBや省エネ建築物※1 を設計するための技術や設計知見」を活用して、一般に向けて広くZEB実現に向けた相談窓口を有し、業務支援(建築設計、設備設計、設計施工、省エネ設計、コンサルティング等)を行い、その活動を公表するもののことです。

※1 ZEBプランナー登録における設計実績の対象となる省エネ建築物の建物用途は、事務所等、ホテル等、病院等、物販店舗等、学校等、集会所等とします。

ZEBとは、Net Zero Energy Building(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)の略称で、快適な室内環境を実現しながら、建物で消費する年間の一次エネルギーの収支をゼロにすることを目指した建物のことです。
ZEB設計を行い、設備導入とともにZEB認証を受けることで、補助対象経費の2/3以内を受けることができます。
ZEBの補助について詳しくは環境共創イニシアチブ(SII)のホームページをご覧ください。

弊社では、特に設備リニューアルのタイミングでのZEB設計に強みを持っています。
竣工から20年以上経過した施設を中心に施設リニューアルに合わせたZEB化の提案を行います。特に地方公共団体所有の公共施設では今後15年間は竣工から30年を迎える施設が多くなるタイミングとなります。また地方公共団体には国の地球温暖化対策計画に沿った温室効果ガス排出量削減を行うことが求められています。よってこれら両方の問題を解決すべく、施設の長寿命化に合わせたZEB化を提案しています。

ご興味のある方は下記お問い合わせよりお問い合わせください。

メリット

光熱水費
導入費
環境
専門知識
状況把握・データ分析

Result実績

津山市総合福祉会館 様(津山市)

昭和57年竣工の既存建物を平成28年、29年の2ヶ年でZEB化改修しています。古い建物でもZEB化可能、ZEB化により建物が快適になることを多くの来場者に体感してもらえる建物を目指しました。

空調・断熱設備
屋根断熱、Low-Eペアガラス、全熱交換換気扇で空調負荷を最大限削減し、最適能力の高効率エアコンを導入。

照明設備
照明は、高効率LEDと照度センサ、人感センサを活用。

エネルギー管理システムBEMSの導入
BEMSで用途別エネルギー使用量、部屋別空調使用量の把握。

これにより、使用人数の変化、使用時間の変化があっても柔軟に対応し大幅な省エネを維持します。

事業年度:2016年度

エリア:岡山県津山市

補助事業名:ネット・ゼロ・エネルギー・ビル実証事業(ZEB)

延床面積:2,286㎡

建物:地上4階、地下1階 RC造

年間CO2削減量:94トン-CO2/年(予測値)

導入サービス:・高効率LED、照度センサ、人感センサを導入
・高効率エアコンの導入
・屋根裏断熱の導入
・Low-Eペアガラスの導入
・全熱交換換気扇の導入

ページの先頭へ

お問い合わせはこちらから