地域再生・活性化

Scope of Business事業内容

地域が直面している本質的な課題に対して調査・研究を行い、新たな地域づくりのお手伝いをします。
再生可能エネルギー(小水力・太陽光・バイオマス等)の事業化、地域の低炭素計画、地域エネルギーによる地域活性化、交通のグリーン化などのための調査・分析を実施します。

Flow事業の流れ

相談・打ち合わせ→補助事業・委託事業等の活用検討→調査内容の提案→契約→調査実施→報告書作成

Contents内容

地域の特性や状況に応じて必要な調査を提案します。
国の補助事業や委託事業などの活用について提案をします。
予算状況に合わせて費用対効果の高い調査を実施します。
実現可能性の高いプラン作りをお手伝いします。

メリット

環境
専門知識
事務手続き
状況把握・データ分析

Result実績

平成25年度豊岡市再生可能エネルギー
地域導入準備事業

【概要】
 豊岡市では、環境都市「豊岡エコバレー」を掲げ、環境をよくすることで経済を活性化させる環境と経済の好循環を目指し、経済成長を遂げていこうと政策を展開しています。また、「コミュニティの危機」を掲げて、新しいコミュニティの検討等も進めており、その中で、再生可能エネルギーを使って、地域もよくしていこうということを目指しています。平成24年度には、集落での再生可能エネルギー導入の可能性を調査するために、5地域を対象に「平成24年度豊岡市スマートビレッジ調査事業」を実施しました。
 本事業では、「平成24年度豊岡市スマートビレッジ調査事業」についての調査結果の報告会を実施し、豊岡市の方に再生可能エネルギーへの理解を深めて頂きました。
 その後、平成24年度調査地域の中から、再生可能エネルギー導入を積極的に検討しているモデル地域を選定し、そのモデル地域において再生可能エネルギーの導入や地域活性化等についての意見交換会等を実施し、再生可能エネルギー導入に向けての支援活動等を実施しました。

【目次】
第1章 本事業について
第2章 万劫区での報告会・情報交換会、視察研修の開催
第3章 万劫区の目指す姿
第4章 今後について
第5章 参考資料

事業年度:2013年度

エリア:兵庫県豊岡市

契約先:豊岡市

緑の分権改革調査事業委託業務
宍粟市エネルギー・食・水の自給自足体験事業

【概要】
 兵庫県宍粟市で、山間の遊休施設である総合作業施設(通称:ヤケノ小屋)をエネルギー・食・水の自給自足が体験できる施設として利活用するための調査と実証をおこないました。具体的にはエネルギー自給のためのミニ風力発電+ミニ太陽光+蓄電池のハイブリッドシステムの導入、施設内のLED化、発電機付自転車の設置をすることで、既存の小水力と併せて通年での自然エネルギーによる電力自給ができる施設としたほか、住民との意見交換、冬季の活用のためのイベント、体験講座の開催等を実施しました。

【目次】
第1章 調査の経緯と目的
第2章 ヤケノ小屋利活用の全体企画
第3章 体験講座の開催
第4章 ヤケノ小屋の利用促進方策
第5章 翌年度以降の利活用
第6章 まとめ
第7章 資料

事業年度:2012年度

エリア:兵庫県宍粟市

契約先:宍粟市

平成24年度スマートコミュニティ構想普及支援事業

【概要】
 兵庫県宍粟市は、平成22年度に「エコしそうアクションプラン2011」を策定し、重点目標として2030年度のエネルギー自給率70%を掲げています。本調査では、モデル地域を永続地帯とするための調査、プラン作りを行ました。
 自給率の向上だけでなく、エネルギーマネジメントシステムについて実証実験を含む調査を行い、高齢化、過疎化が進む地域で、「地域の見守り」機能を持たせることができないか検討を行ました。
 再生可能エネルギーの利用についても、実態調査や電力会社からの提供データをもとに必要な導入量、必要な省エネ量を推計し、具体的なベンチマーク設定を行う事を目的としました。
 数値的な目標設定を行うだけでなく、公共施設やモデル地域での省エネ可能性調査や再生可能エネルギー導入可能性調査を行い、調査完了後の事業化を目指しています。

【目次】
第1章 はじめに
第2章 調査の経緯と目的
第3章 宍粟市のエネルギー需給の詳細調査及び現状分析
第4章 公共施設での省エネおよび再生可能エネ導入可能性調査
第5章 モデル地域での省エネおよび創エネ可能性調査
第6章 地域全体へのエネルギーマネジメントシステムの導入調査
第7章 宍粟市スマートコミュニティ事業化に向けて
第8章 まとめ
第9章 資料

事業年度:2012年度

エリア:兵庫県宍粟市

契約先:宍粟市

ページの先頭へ

お問い合わせはこちらから