エネルギー計測

Scope of Business事業内容

この事業は、施設の省エネを進めるために、施設でのエネルギーの使われ方を把握した上で、効果的な省エネ手法を提示し、その効果を検証することを目的としています。また、学術調査向けの最短1分単位での建物や設備のエネルギー・環境計測も実施しています。

エネルギー管理システム「BEEMS」

1.BEEMSとは


BEEMS(Bizen Enhanced Energy Management System)とは、建物のエネルギー使⽤量を詳細に把握するために開発された弊社独⾃のシステムです。
一般的なクラウドBEMS(Building Energy Management System)の一つであり、計測機、記録装置とデータ表示システムで構成されます。
取得したデータを解析することで、いつどの設備でどの程度のエネルギーが使用されているかを詳細に把握し、運用面から効果的な省エネルギーを実施できます。


国の地球温暖化対策計画では、2030年度のBEMS普及率を47%、CO2削減量を1,005万t-CO2としており、これは業務部門のCO2削減量合計の約9%を占める極めて大きな数値となっています。
またデータの解析には専門知識が必要ですが、弊社ではデータ解析・省エネコンサルティングに強みを持っており、導入後の運用と確実な省エネ実施のサポートを行うこともできます(※別途費用がかかります)。

デモ版ご提供中!(ページ下部に移動します)

2.BEEMSの経緯

BEEMSは環境省の「エネルギー起源CO2排出削減技術評価検証事業調査」において約2,000点におよぶ計測データを管理するために開発されました。
導入実績:千葉商科大学様 省エネ事業(詳しくはこちら(プレスルームに移動します))

3.BEEMSの特徴

BEEMSには以下の特徴があります。

● デマンド監視ができる
最⼤需要電⼒(デマンド値)を超えそうなときに、警報を出すことができます。スマートフォンから警報を出すこともできます。
また複数建物の合成デマンドが表示でき、エネルギー使用量の面的管理が可能です。

● 様々な計測ができる
電気使⽤量やガス使⽤量、温度、湿度、CO2濃度など複数の計測内容を1分単位で計測することが可能です。

● 機器の制御ができる
デマンド値を超える前に空調、照明、換気などの電源を⾃動でOFFにすることができます。電気使⽤量が落ち着くと⾃動的にONになります。
CO2濃度による空調の外気導入量自動制御も可能です。

● データロストに強い
データの欠損が通信によってリアルタイムに把握できます。

BEEMSは以下のような事業・設備にご活用いただけます
ZEBにおけるBEMS導入
・「省エネルギー設備の導入・運用改善による中小企業等の生産性革命促進事業」における見える化装置
・「CO2削減ポテンシャル診断事業」における計測
・「地方公共団体カーボン・マネジメント強化事業」における計測 
・「エネルギー投資促進に向けた支援補助事業のうちエネルギー使用合理化等事業者支援事業(Ⅰ工場・事業場単位での省エネルギー設備導入事業)」におけるEMS導入
・CO2濃度による空調外気導入量制御
・外気温によるチラー出口温度制御
・薪ボイラーの温度管理
など

導入例(実績)
平成29年度~ 複数建物の電力使用量・CO2濃度計測、合成デマンド管理(千葉商科大学様 省エネ事業
平成28年度~ 用途別・部屋別エネルギー使用量計測(津山市社会福祉協議会様 津山市総合福祉会館ZEB実証事業
平成28年度~ 薪ボイラーの温度管理(村楽エナジー株式会社様)

4.データ表示システム

BEEMSの各計測機で計測されたデータは、PCブラウザ上のデータ表示システムで管理します。データ表示システムでは以下のことが確認できます。

● 空調、照明など⽤途別のデータ確認



● 1分間隔の詳細なデータの取得



● デマンド状況をリアルタイムで確認



● 気温やCO2濃度などの環境データを確認



● 電気使⽤量と気温の相関性の確認



5.BEEMSデモ版のご提供

弊社ではBEEMSのデモ版をご用意しております。
ご興味を持たれた方は、下記メールアドレスまでご連絡ください。デモ版のURL、ログイン情報をご提供させていただきます。

E-Mail:info01@bizen-greenenergy.co.jp

Flow事業の流れ

計測器設置→データ収集→データ整理、分析→省エネ提案→検証

Contents内容

ec1 電力会社の電力量計に計測器を設置します。
ec2 照明・空調等を用途別に計測するため、分電盤のブレーカーにも計測器を設置します。
ec3 計測器で収集したデータは、通信設備を用いることで、web上での「みえる化」を図ります。
ec4 収集したデータを分析します。
ec5 分析したデータを元に省エネのご提案をします。

メリット

光熱水費
環境
状況把握・データ分析

Result実績

千葉商科大学 様(千葉県市川市)

千葉商科大学では日本初自然エネルギー100%大学を目指し、エネルギーの地産地消のため創エネ・省エネに取り組んでおられます。省エネ事業として、主に照明のLED化、EMSを活用したCO2濃度空調制御、エネマネによる運用改善により20%を超える省エネを図ります。
弊社はエネマネ事業者として同大学の省エネ事業に関わり、独自エネルギーマネジメントシステム「BEEMS」を導入致しました。これにより学内全体のエネルギー使用実態を把握し、運用改善の提案を行っております。

エネルギー管理システムBEEMSの導入
受電電力量、空調・照明・電灯等の電力使用量、CO2濃度の計測点を計895点設置。
EMSを活用したCO2濃度空調制御を導入し、空調の自動制御・遠隔制御を行い、快適性を保ちながら省エネを図る。
またEMSを活用し、学生の省エネ活動への行動変容を促す。

事業年度:2017年度

エリア:千葉県市川市

補助事業名:エネルギー使用合理化等事業者支援事業

延床面積:72,180㎡

年間省エネルギー量(予測):原油換算221.4(kl/千万円)

導入サービス:・エネルギー管理システムBEEMS

ページの先頭へ

お問い合わせはこちらから